Facebook、ドイツのSNS、StudiVZをコピーサイトとして訴える

次の記事

Greystripe―iPhoneゲーム用広告プラットフォーム

Facebookはデザインや機能をコピーしたSNSサイトを追求していくことにしたようだ。FacebookはこのほどドイツのSNS、StudiVZを訴えた。Financial Timesの記事によると、Facebookは問題のドイツ企業を「Facebookのルック&フィール、機能を複製して侵害した」 という理由でカリフォルニアの裁判所に訴えた。

StudiVZは、ドイツを中心にベルギー、オーストリア、スイスに1千万の活動中のユーザーがいるとされ、ドイツ語圏で最大のSNSである。このネットワークは実際は3つの異なったユーザー層を狙う別々のネットワークからなっている。StudiVZ.netは典型的な大学生向けサイトだ。SchuelerVZ.netは高校生向けで、MeinVZ.netはもっと年上の大人向けサイトだ。(サインアップしてみようと思ったが、これらの3つのサイトはドイツ語オンリーのため、解読がたいへん難しい)。

Facebookの言い分には根拠があるように思えた。ドイツのサイトは配色が赤を基調していてドイツ語に翻訳されている以外はFacebookにそっくりだ。最初のトップページからユーザー登録ページ、プロフィール・ページに至るまで気味悪いくらいFacebookに似ている。StudiVZは今年に入って、ドイツのメディア・グループ、Georg von Holtzbrinckに€100M(1億ユーロ)前後の価格で買収されている。「訴訟を起こすなら金持を相手にしろ」とは昔から言われていることだが、FacebookがVerlagsgruppe Georg von Holtzbrinckを訴えたのはいい狙いだ。

念のため:下のスクリーンショットはStudiVZにおける本物のMark Zuckerbergのプロフィール・ページではない。(少なくともわれわれは違うと思う)。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)