Yahoo幹部のChad Dickerson、Yahooを辞めてEtsyへ

次の記事

中小規模イベント向けチケット販売を手がけるTicketLeapが$2Mを獲得

Yahooで長らく幹部として働き、スペシャルプロジェクトグループのBrickhouseを率いてきたChad Dickersonが同社を去り、ハンドメイド製品をウェブサイト上で売買するEtsyのCTOに就任することになった。前Yahoo VideoのGMだったMike FolgnerがBrickhouseでDickersonの後を引き継ぐ。

ブルックリンに拠点を置くEtsyを、TechCrunchで最初に取り上げたのは2005年のことで、当時からカルト的なファンが存在した。以来同社はベンチャーキャピタルから$30M(3千万ドル)以上を獲得している。ComScoreの統計で直近の数値を見てみると、毎月世界中から約200万が訪問し、8300万のページビューがある。

YahooにとってはDickersonの前上司であるBradley Horowitz今年初めに失ったのに引き続く痛手となる。DickersonはYahooのディベロッパー向けプラットフォームを運営し、内外に於ける数多くのHack Dayのマネジメントを行っていた。

Dickersonは毎週拡大を続けるYahooを辞めた幹部リスト入り。彼は自身のブログで退任の理由について長い記事を書いている。しかしすべてのYahoo幹部の気持ちの中にある「リーダーシップを発揮させてもらえなかった」ということについての言及はなかった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)