Googleの「$200M近辺」でのDigg買収交渉は最終段階

次の記事

Appleが、App Storeベータプログラムを始動

GoogleのDiggとの断続的交渉が、この6週間で大きく進展したとGoogle内部の複数の情報源から聞いている。両社間の交渉は、DiggがGoogleのニュース部門傘下になることで成立間近だという。買収金額は$200M(2億ドル)近辺だろうと、ある情報源は言っている。

われわれが最初にGoogle-Digg交渉について書いたのは3月だった。Dig CEOのJay Adelsonが強く否定したものの交渉は継続されたが、一時期、GoogleのMarissa MayerのDigg熱が冷めていたらしい。

情報源によると両社の交渉は最終段階にあるが、完了までには数週間かかるかもしれないという。また、主要な条件面で一致しているとはいえ、買収自体が不発に終ることもあり得る。Microsoftは以前にもDiggに興味を示しており、大幅に低い価格での復活交渉を考えている可能性がある。

Diggの主な収入源は、Microsoftとの3年間の広告契約によるもので、これはGoogleへ売られた時点で終了する。Diggはベンチャーキャピタルから$11.3M(1130万ドル)調達している。

一方、Googleは未だにDigg投票コンセプトに強く魅了され続けている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)