Propeller 2.0公開。ニュース投票カウントを刈り込んでマスコット新投入

次の記事

「群衆の英知」で3Dオブジェクトがプリント製造できるようになった

AOLが運営するDigg風ニュースサイト「Propeller」バージョン2.0が本日(米国時間7/22)午前公開になる。サイトはデザインとロゴを一新、マスコットも加わった。「ある時は教授、またある時は市民ジャーナリスト」とかいうマスコットだ(下図参照)。

でも一番大きな変更点は純粋にDiggライクな投票カウント機能を削ってしまったこと。代わりにアルゴリズムがベースの10段階評価の人気ランキングを導入し、「より多くの参加の側面を考慮する」よう改善。記事投票は「prop it」という、もっと曖昧な呼び名になった。またニュースカテゴリ数も削って、残る部門はアート&エンタメ、ビジネス&金融、ファミリー、お笑い、ニュース、科学技術、スポーツ、ファッションとなった。

さらにYahoo Buzzのプレイブック(作戦ノート)から妙案を1ページ拝借し、サービスの記事見出しは直接AOLやAOL Newsに流す。

Propellerはずっと苦難続きだった。PropellerはNetscape.comドメインで「ベターなDigg」として2006年6月に初登場したサイトで、ユーザーが投稿・投票する記事リンクから有償で雇ったエディターがトップ記事を選ぶ。公開後すぐ、サイトを乗り換えたDiggのトップユーザーに金を払って引き抜きを始めた。

2007年8月にはサイト閉鎖噂が飛び交い、昨年9月ここでも“命運尽きた”と報じたが、それは間違いでサイトは新ドメイン「Propeller.com」で残留に。

Netscapeのトラフィックはたちまち激減したものの、ゼネラルマネジャーTom Drapeau率いるPropellerは過渡期のギャップを埋め、以来ずっと安定した成長を続けている。

[原文へ]

(翻訳:satomi)