Veiosoft
datacase

DataCaseのiPhoneアプリのデモビデオ―iPhoneが無線HDDに

次の記事

Google、規模でも精度でもCuilに圧勝―しかし今後に注目

気になるiPhoneアプリを2週間ダウンしまくった結果、結論が出た。ほとんどのアプリは役に立たない。私が毎日使っているアプリはほんのわずかだ(Facebook、MySpace、Loopt、Phonesaber)。ときどき使うアプリ(BoxOffice、Pandora、Twitterific)も少しある。しかし、ほとんどのアプリはダウンしてテストした後はまったく使っていない。とてもお勧めできるようなものではない。

が、DataCaseはちょっと違うかもしれない。これはiPhoneを無線HDDストレージに変えるアプリだ。ほとんどのポピュラーなファイルフォーマット((Office、PDFその他)をサポートするビューワーも備わっている。このアプリは大いに 待望されているのだが、まだローンチの段階に来ていない。開発者はメールで「完璧に仕上げてからリリースしたい」と言ってよこした。

それで今のところ、開発チームがYouTubeにアップしたデモビデオで我慢するしかない。(上にエンベッドしておいた)。DataCaseのダウンロード価格は$7になるはずだが、たくさんのiPhoneユーザーが買うだろうと思う。こういうユーティリティーこそ私が欲しいと思っていた種類のアプリだ。さらにiPhoneに保管したファイルをメールに添付して送信できる機能があればさらに良いのだが。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)