Cloud Computing Test Bed: 電話記者会見ライブ

次の記事

Babbel調達確保、競争の激しい言語市場へ参入

ヒューレットパッカードとインテル、ヤフーが今朝(米国時間7/29)「Cloud Computing Test Bed」の発表を行った。3社のエグゼキュティブが9 am PSTから電話記者会見で新ベンチャーの説明を行った。会見に臨んだのはPrith Banerjee(HP社リサーチ部門シニアVP兼HP Labsディレクター)、Prabhakar Raghavan(Yahoo! Researchチーフ)、Andrew Chien(インテル社Corporate Technology Group VP兼Intel Researchディレクター)の各氏。

本プロダクトは、サードパーティーの人たちも研究やアプリ構築に活用できる分散型コンピューティングプラットフォームだ。ライブで拾った電話発表のメモは以下の通り。

メモは時系列。

…コール開始待機中。

Prith Banerjee(HP)が会見開始。Andrew ChienとPrabhakar Raghavanを紹介した。ニュースの要点のまとめから。HPとインテル、ヤフーが、6ヶ所に分散するオープンソースなクラウドコンピューティングのテストベッドを構築することで政府・学術機関と提携した。国際的な、分散型の、インターネット規模のプラットフォームである。その主な目的は、クラウドコンピューティング・アプリ開発にかかる費用とロジスティックなバリアを取り払うこと。提携先にはイリノイ大学アーバナシャンペーン校、ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)も。

今は「なんでもサービス」の時代に入りつつある、そうHPは考えている。企業もユーザーもサービスを使い、サービス側がこちらの現在位置などに応じて自分に何が必要か予想してくれるのだ。「なんでもサービス」な時代への転換に伴い、新たなアプローチも必要となってくる。HPが研究を行う分野は2つ、情報インフラとクラウドサービスである。実験は、従来と全く違う根本から新しいデータセンター構造で行う、とコメント。

Andrew Chien(インテル): クラウドコンピューティングは大きなチャレンジだ。ハードウェアのスタックにまつわる重要な技術的問題から、ドライブのパフォーマンス、エネルギー使用量などまで対処しなくてはならない。これは“試験管”の研究ではない。大規模な分散型の世界プラットフォームである。「インテルはオープンな協働に関しては長い実績を持っている」。

Prabhakar Raghavan(ヤフー):  ヤフーとしても、本プロジェクトの共同創設に関われて嬉しい。これはインターネット検索を“次段階”に引き上げるプロジェクトだ。次世代ウェブでは共同研究が求められる。ヤフーがカーネギーメロン大と立ち上げたM45データセンターほか、クラウドコンピューティングで実験を行ってきた内容を説明している。この発表は“intellectual commons(共有知)”の構築・貢献に帰依するという、従来の提携の精神に則るものだ。

質疑応答(英文):

– how are each company contributing?

Each company is providing people and resources, and each is creating one of the six test beds. Research can be conducted across the stack. Yahoo has contributed open source software, from the OS to Hadoop. Chien reiterates support for open source software. Says some of the pieces of the data centers are up and running now.

– Size of investment by each company?

not disclosing financial terms. each facility will have 1,000- 4,000 processor cores.

– web needs a new architecture…please expand?

They want people to take the cloud for granted, so people can create applications at any scale.

– have they measured how much collective computing power? Why not part of IBM/Google research announced last year?

we’re complimentary to IBM/Google, and also different. they are going to allow people to run low levels of customized software. IBM/Google is focused on application level right now. In terms of scale, they say not to focus on total computational capability, but to focus on scalability.

– idea of timeline? what will finished products look like?

some of this is underway and being used. M45 datacenter has been in operation since 2007, this takes it to a broader level. they are looking to see publication of research by all parties, contribution to an intellectual commons.

– have they received government R&D funds?

says they are partnering with the national science foundation and various academic organization, never really answered the question.

– can others join this group? IP ownership?

Chien says they are taking a leadership step. open to more people contributing. On IP ownership, they are making clear statements about what is open source, commitment to openness.

Note: I was not allowed to ask a question for some reason. Things I would have asked:

1. How do third parties open their own facilities/data centers? What if Stanford wants to open a facility?

2. Pricing: How will resources be allocated to people building on the platform?

3. Where to people go for information on APIs and other tools needed to access the platform?

4. Yahoo kept referring to M45 as a version of this already deployed. Is that their contribution or are they building out a new facility.

総じて、グニャグニャとつかみどころのない話に終始した。誇大広告以上のものは何もない発表という印象で、これでは全然足りない。もっともっと具体的な話が欲しい。

[原文へ]

(翻訳:satomi)