ニュース

マイクロソフト研究員、今度は球面ディスプレイ「Sphere」萌え(動画)

次の記事

WidgetBucksより、スキンが変えられる広告ウィジェット登場

あらゆるデスクトップにPCを搭載するだけでは飽き足らないマイクロソフトが今見たいのは、手に届くあらゆる面がコンピュータスクリーンになる社会である。

同社はマルチタッチの「Surface Computer」は開発済み(AT&Tストアに行けば触れる)で、その分野を応用したマルチタッチのWall(壁)も作ってる。 そして今、マイクロソフト・リサーチが取り組んでいる最新のプロジェクト、それが「Sphere」だ(上の動画参照)。

この球面ディスプレイのプロトタイプが今日(米国時間7/29)初公開になるようだ。その機能リストには「ダークサイドに送る」機能なんてのもあって、画像上に手を置いて押すと、コラボ相手が立ってるかもしれない球の裏側に画像を送れるのだ。 動画を観ると、これ以外にも世界地図を呼び出して地球儀に使ったり、水晶玉風のエフェクトかけて動画を再生したり、ポン(Pong)っぽいゲームを楽しんでる場面が出てくる(Seattle PI紙Todd Bishop記者がもっと詳しい話を書いてる)。あとはこれでGoogle Earth使えたら言うことなしなんだけど。

[原文へ]

(翻訳:satomi)