iPhoneテザリング、App Storeに復活

次の記事

タイムワーナー、ミラーのYahoo役員指名を拒否、AOLの潜在バイヤーに目潰し攻撃

iPhoneのデータ接続を使ってパソコンからウェブ閲覧を可能にするNullriverの「NetShare」アプリがまた買えるようになった。ご購入はこちらの直リンクから。 急いで買わないと、またアップルが削除しちゃうかもしれない。ご注意: アプリは検索結果に出てこないので直リンクを使うこと

昨晩(米国時間7/31)アップルは、このアプリをApp Storeに公開したが、たった約20分出しただけで速攻で削除してしまった。 このアプリを使うと、初期モデル(EDGE接続)と3GどちらのiPhone利用者も、携帯通話ネットワーク圏内ならどこでも出先でネットブラウジングが楽しめる。

高速データプラン対応の携帯はテザー(連結)できるタイプの携帯も多いが、通話キャリアのほとんどはこのサービスで割高な利用料を徴収している(AT&Tは通常月額30ドル前後課金している)。ジェイルブレイク(ハック)したiPhoneではテザリングが可能になって久しいのに、AT&Tのサービス規約に反するため、iPhone利用者にこういったプランは一度も提供されていなかった。

NetShareでは10ドルの一回限りの料金でテザリングを提供している。これをされるとAT&Tはサービス料が全く回収できなくなるので、AT&Tを敵に回したも同然という気がする。アップルはアプリを1点ずつ審査のプロセスに長い時間をかけている(少なくとも待ち時間は長い)はずなので、きっとなんかの弾みで綻びから滑り出てしまったのだろう。

[原文へ]

(翻訳:satomi)