TechCrunch夏のインターン紹介

次の記事

[CG]ウワサでは従量制のiPhone nanoがクリスマスまでには登場する

夏はTechCrunchにとって最高の季節だ。賢くて熱心で、そして何より安い労働力が山ほどこのオフィス(Atherton町のわが家)にやってきて、仕事が片付いていく。そして、頭脳明晰で元気で何事にも熱中するこの若者たちにわが家を占領されるので、私はこの時期の大半をワシントン州のSan Juan諸島に逃げ出している。

われわれは一年中インターンを使っており、2007年からは夏季フルタイムのプログラムを開始した。昨年のインターンのうち2名は、現在フルタイムで働いている(Mark HendricksonDan Kimerling)。

今年の夏は、Cameron Christoffers (スタンフォード大)、Rob Olson(カリフォルニア大アーバイン校)、Peter Sauer(グランドバレー州立大)、Matthew Schulz(インディアナ大)の面々がTechCrunchに来てくれた。

この連中は本当にすばらしい。調査業務からチポトレマヨネーズを買うことまで、頼まれればどんなことでも喜んでやってくれる。唯一つらいのが、夏が終ると別れなければならないこと。それと、Facebook が手当たり次第に雇うのを見ること。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)