Googleが「Insights For Search」で検索トレンドの追跡強化

次の記事

TicketStumbler―再販売スポーツ・チケットの検索サービス

Googleが先ほどブログ記事で、様々な分野・場所・時代をフィルターで指定して検索キーワードのトレンドが追跡できる新サービス「Insights for Search」を発表した。これはGoogle TrendsとAdWordsの延長にあるサイトで、記事では「広告主やマーケターがユーザーの検索行動をより良く把握できるようデザインされた」とある。「Insights to Search」ホームはここから(Googleアカウントに要ログイン)。

最近アップデートされたトレンドサイトと共通点が少なからずあるが、新しい特長もあり、「Insights for Search」では新たにフィルターを沢山採用することで検索量パターンをもっと詳しく分析可能だ。利用者は検索タームがどのカテゴリに入るか特定もできて、例えば「Apple 」ならコンピュータか果物かまで指定できる。あとは検索クエリーの発信源が分かるヒートマップも生成できるよ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)