Jajah―中国語/英語のインスタント音声翻訳サービス

次の記事

ビデオチャットのTokBoxがBainから$10Mを調達

VoIPのプロバイダとして人気のあるJajahが、JAJAH.Babelと名付けた英語/中国語翻訳サービスを、このまさにオリンピックの時期に開始した。IBMと共同開発したこのサービスは、ユーザが無料の番号を呼び出してほとんどインスタントに音声の文章を翻訳してもらえる。海外からの音声通話を翻訳してくれるわけではない。むしろこれは、一種の小型/携帯翻訳機だ。メッセージを送話器に喋る。電話機をほかの人に渡す。するとその人は翻訳されたメッセージを受話器から聞く。

使い方はかなり簡単だし、どんな電話回線からでも使える:

JAJAH.Babelはどうやって英語→中国語または中国語→英語の翻訳をするのか:
どの電話機からでもよいから、JAJAH.Babelに電話をする。合衆国内番号:+1.718.513.2969
英語→中国語または中国語→英語のどちらかを指定する。
メッセージを喋って#を押す。
システムがメッセージを正しく理解したか確認できる。
メッセージは自動的に中国語で再生される(英語→中国語の場合)。
お望みなら、電話機をほかの人に渡したり、拡声器につないでもよい。
上記の方法で、ほかの人が中国語でメッセージを録音して(=電話口で喋って)あなたがそのメッセージを英語で聞くこともできる(中国語→英語の場合)。

サービスをテストするために、TechCrunchの夏期アルバイトMatthew Schulzに手伝ってもらった。彼は中国語ができる。彼の結論は、「意外なほどよくできてる!」。英語→中国語の翻訳はややぎこちないが、意味はよく分かる。このサービスの音声認識機能は、彼がふつうの調子で中国語を喋ると多少間違えた。でも、いつもよりはっきりとした発音で喋ると結果はほとんど完璧だった。

このサービスは現在は英語と標準中国語の間の翻訳のみだ。でも今後は、言語を増やす予定。サービスの詳細と、そのほかのアクセス電話番号は、ここで分かる。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)