ビデオチャットのTokBoxがBainから$10Mを調達

次の記事

Y Combinatorの「Popcuts」は良い音楽の発見にお金を払う

Sequoiaが出資しているビデオチャットのスタートアップTokBoxはBain Capital VenturesがリードしSequoiaも参加した$10M(1千万ドル)のシリーズBラウンドを完了した。このラウンドでTokBoxの資金総額は$14M(1千4百万ドル)に達した。契約の一環としてBainのScott Friendが同社の取締役になる。

TokBoxのサービスはFlashを使うビデオチャットなので、プラグインが要らない。とても使いやすいのでTechCrunchの読者にも好評だ。最小限のSNS的な機能もあるが、チャットを使うのにいちいちアカウントを取る必要はない。単純に、チャットルームのURLへ行くだけでよい。

先月TokBoxは、AIRのデスクトップクライアントをリリースして、AIMやSkypeのような、従来からあるチャットやIMのクライアントという位置づけをより明確にした。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)