ソーシャル・ブログ・ネットワークのRegator、公開ベータ開始

次の記事

ほとんどのiPhoneアプリは「ネットワーク効果」を利用できていない

Regatorは標準的なRSSリーダーとDiggをミックスしたようなブログ・ネットワーク・サービスだが、このほど公開ベータを開始した。

われわれは7月にRegatorが限定されたプライベート・ベータを開始したときに紹介している。その時点で私の最大の懸念は、ユーザーが自分の好むブログをRSSフィードの対象として追加できないという点にあった。つまりユーザーはサイト側が選定したおよそ3千のブログの中から選ぶしかない。RegatorのCEO、ScottLockhartによると、現在は、ユーザーが好みのブログをRSSに追加することができるようになったという。ただし、新たに追加されたブログは、Regatorの編集担当者によって承認されるまで他のユーザーには公開されない。

Regatorは共有のオプションがTwitterやFacebookを始めとするいくつかのソーシャル・ネットワークに拡大された。将来、サポートするSNSの数をさらに増やしていく計画だという。Regatorのようなニュースの収集とソーシャル投票システムを組み合わせたサービスは、先週われわれが紹介したSocialmedianを始め、多数のライバルが存在する。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)