アップル、iTunesのメディアをiPhoneやiPod touchにストリーミングできる特許を出願

次の記事

ストリーミングラジオ用アプリケーションのSticherがiPhoneネイティブ版でプライベートベータ公開

iTunesのコンテンツをデスクトップから遠隔でiPhoneやiPod touchに流して楽しめる技術の特許をアップルが最近出願していたことが、AppleInsideの記事で分かった。

この新型ソフトウェアでは楽曲・動画・その他メディアのメタデータのみハンドヘルド端末にロードする。その上で、ユーザーが自分のデスクトップパソコンからメディアをオンデマンドで流して楽しむ、というものだ。ユーザーはさらにiTunesのライブラリも遠隔で(ファイルを追加・削除・移動しながら)オーガナイズも可能。主なメリットは(メタデータだけ取り込むので)ディスク容量が足りない携帯端末の容量がセーブできる点と、同期にかかる時間がセーブできる点である。

リリースを計画中かどうか、計画中なら発表はいつになるかが気になるところだが、今後の予定についてアップルから正式な発表はない(同社は出す予定のないものも常に特許申請している)。が、この展開は、アップルのダウンロード・モデルと好対照をなすRhapsodyNapsterのような楽曲ストリーミングサービスの方向に向けた1歩と見なされるだろう。ただし、自社サーバーからデータをストリームするアップルの予定を匂わす記述は特許にはない。 -単にダウンロード済み楽曲を保存しているコンシューマ自身のデスクトップコンピュータ、とあるだけだ。

コンシューマ個人が所有するパーソナルファイルと言えば、Microsoft Meshではどんな使用端末でも個人所有のファイルを使えるようにするのがウリだ。今回のアップルの動きは、Meshの少なくとも1翼に競争を仕掛けるものと解釈されるかもしれない。無論、アップルがデータ同期化を念頭に置いていることはMobileMeの動きを見れば既に明らかだが、これはたぶんもっと大きなトレンドをも巻き込む話だと思う。

[原文へ]

(翻訳:satomi)