stitcher

ストリーミングラジオ用アプリケーションのSticherがiPhoneネイティブ版でプライベートベータ公開

次の記事

金曜はエレベーターピッチの日:InChairTV(虫歯治療中は映画でゆったり)

ストリーミングラジオサービスをパーソナライズして視聴できるStitcherが、iPhone用ネイティブアプリケーションをプライベートベータで限定公開し始めた。使ってみたいという方は、こちらでメールアドレスを入れると先着100人に限って利用できるようになる。尚、Appleの特別ベータプログラムの要請(100名に限られている理由もこれ)でiPhoneのシリアル番号も入力する必要がある。

Sticherは音楽以外にも対象を広げたPandoraと言うのがもっとも分かりやすいかもしれない。ニュースサイトやラジオ局など数百のソースからオーディオフィードを取得してプレイリストを作成することができる。また有名なブログやウェブを読み上げるための少人数チームも作って、内容を聞くことができるようにもする。

最初にSticherについて記事を書いた5月、モバイルサービスには大いに可能性があると書いた。しかしその時点ではiPhone用のウェブアプリケーションは動作が重く、イケてないものだった(Sticherの問題というよりはMobile Safariのせいではある)。

下に貼った動画を見ればわかるように、Sticherのネイティブアプリケーション版は抱えていた問題を解決したようだ。ステーションの切り替え時に遅れもないし、インタフェースも整理されて直感的なものになっている。App Storeに登場する段になれば、Pandora(ストアでもっとも人気のある商品のひとつ)、AOL Radio、その他のオーディオストリーミングアプリケーションと互していくのに不足はないだろう。

アプリケーションのデモを下に貼っておいた。Sticherは現在も進化中であり、一般公開に向けてさらに良いものになりつつある。



原文へ

(翻訳:Maeda, H)