[CG]人型ロボットのソースコードを日本が公開

次の記事

日本の携帯ウェブ市場は超先進的―でも世界的なモデルとするのは難しい?

東京にある世界初のロボットベンチャー企業ZMPは、同社のベストセラーロボットnuvo(ヌーボー)のソースコードを公開する。このヒューマノイド(人型二足歩行ロボット)は2004年に発表されたが、ZMPによれば初めての家庭用ロボットだという。

ロボットのソースコードを公開することにより、ユーザー参加型の研究コミュニティを形成するのがZMPの目的だ。

ターゲットとしているのは大学、企業および個人ユーザーだ。ソースコード公開プログラムのパッケージ価格は257250円で、nuvo本体とソースコード(C++およびC)、電気回路図、3日間の講習(メンテナンス、システム分析など)が含まれる。

関連知財を外部ユーザーに公開することにより次世代ロボット開発を加速するのがZMPの狙いだ。「nuvoソースコード公開プログラム」は限定50台まで発売される。最初のユーザーは東京工科大の教授。

ところで日本人以外のユーザーに対するサポートはどうなるのだろうか。英文サイトが最後に更新されたのは2006年のようだが・・・

Via Tech-On

[原文へ]

(翻訳:shiro)