Palo Altoでのビッグフット発見記者会見

次の記事

週末のソーシャル活動:投稿写真受付中!

ここ数日、メディアはビッグフット(訳注:UMA の一種。ウィキペディアの記事)を発見したと主張する3人の男について大騒ぎだ。しかも複数を発見したのでビッグフットでなくビッグフィートと言うべきかもしれないが、ともかく3人はその生物の小集落を発見したと主張している。本日(米国時間8/14)彼らはパロアルトで記者会見を開き、未確認生物との遭遇を詳説した。万が一にも本当なら歴史上もっとも重要な科学的な発見となり得るので、取りあえずカバーしておこうと考えた。

今朝はたくさんのレポーター、カメラマン、ビッグフットファンたちが定員ぎりぎりまで会議室を埋め、熱気が目に見えるほどだった。熱心なビッグフットファンがコスチュームを身にまとってきたりもしていた。科学者たちは進化論が生まれた初期からミッシングリンクを探し続けてきていた。そして会議室には歴史の証人となるべく、100人以上が集まったという次第。

発見者たちは正午にステージに現れ、直ちに熱心な発表を開始した。曰く3人のうち2人がジョージア州北部を探索しているときに、人間でも猿でもない何か死んでいるモノに出くわした。ピンク色の何かが死体の毛に覆われた腹部からはみ出していて、発見者の1人によると「死体のような臭いがした」とのこと。

2人は死体と同じような生物が距離を置いて静かに動き回っているのに気付いたが、捕獲するには至らなかった。しかしともかくビデオには押さえた。この2人は森を冒険する際には常にビデオカメラを用意しておくという周到さを持っているということだ。

この勇敢なハンターたちは混乱してどうすれば良いかわからなくなった。本日彼らが記者会見で語ったことによると、ビッグフットの発見は世界最大のダイアモンドを発見したときと同じような感じだったとのこと。誰に連絡を取れば良いのかわからない。専門家というのは話の分からない人だと思った。それでその生物をトラックの後ろに乗せて帰ることにした。そして彼らはビッグフットを探している会社(LLCと呼んだ方が的確かもしれない)のCEOであるTom Biscardi氏に連絡を取った。

Biscardi氏は経験豊かな人物で、数年前にはネバダ州Stagecoachでビッグフットと思われる生物を捕獲したと主張する女性を見つけた。Biscardi氏は彼女の言うことを信用して、各種メディアに話を持ち込んだ。結局はその女性が狂信者か何かで、何も捕獲などしていないことが明らかになった。しかしBiscardi氏は学習もした。次に発表する際には間違いのないように十分注意するということを。

Biscardi氏と2人の発見者はさらなる腐敗を防ぐため、ビッグフットを氷詰めにした。水につけて凍らせる際(もちろん最初にビッグフットを水に入れたのだ)、少々議論があったことを記者会見で明らかにした。結局彼らはあまりに痛んだ部分を取り除くことにした。そして氷詰めにしてからは、非公開の場所に安全に保管されているという。

ここまでのことはすべて6月中のことだ(日付は定かでないとのことだが、6月中であったことについては一致している)。以来、彼らの発見を裏付けるための作業を熱心に行ってきたとのことだ。本日、彼らは「証拠」の一部を提示した。しかしその証拠は、生物が何かしらのDNAを持っているということを意味するに過ぎないものだった。不幸にもテストはまだ一致した結論に至っておらず(テストのひとつは生物は人間であるとし、他のテストではフクロネズミだと結論している。これはBigfootが食べたものと混ざってしまったが故の過ちだろうとのこと)。さらに詳細なテストが現在進行中で、月曜日には解剖も行われるという(2ヵ月に及ぶ冷凍保存で回復不能な損壊に至っていなければ良いのだが)。

記者会見ではBigfootを写したとされる2枚の写真も配布された。ここにも掲載しておいたが、1枚はBigfootの舌と歯で、入れ歯か何かのようにも見えるが、明らかに人間のものとは異なる。2枚目は森の中を二足歩行する生物のものだが、これはまるでチューバッカのように見える。残念ながら2枚ともかなりのピンボケで、詳細を読み取ることはできない。近くきちんと撮影したビデオも公開されるとのことだ。

懐疑論も、もちろんある。「なぜ専門家にコンタクトしないのか?」。「なぜ今日のうちに他の証拠も提示しないのか?」。「何世紀もの間、技術や文明が接触することのなかった生物と、どのように遭遇できたのか」。このような質問が投げかけられていた。

Biscardi氏の返答を耳にして初めて信じてみる気にもなった。「あなた自身が最後に森で熊の骸骨を発見したのはいつですか?」。

話に進展があればまた報告する。記者会見の詳細についてはJohn McCrea氏が報告している。


原文へ

(翻訳:Maeda, H)