Androidと万物のインターネット化

次の記事

モバゲータウン―日本最大の携帯SNS

Googleが提唱する携帯OS、Androidを搭載した携帯電話(キャリヤはT-Mobile)の登場がいよいよ間近になってきたが、ここであらためてGoogleの野心はAndroidを単に携帯OSだけには終わらせないのではないかという疑問が提示されている。VentureBeatのEricEldonは、推測ではあるが、よく考えられた記事でこう書いている

業界の情報源によると、Androidが携帯OSとして開始されたのは事実だが、Googleはこれをテレビのセットトップボックス、mp3プレイヤー、その他コミュニケーションとメディア関連のデバイス全般に拡張し、一種のユニバーサルOSとしていく計画だという。

Eldonの情報が正しければ、Androidは将来携帯電話を超えて、セットトップボックス始めありとあらゆるデバイスのOSに広がっていくことになる。もしわれわれが万物のインターネット化に向かって進んでいるなら、それらもろもろのデバイスのOSが必要になる。ただしこの場合、オペレーティング・システムは一部がデバイスの上に、一部がインターネットのクラウド上に存在する。そして、たとえば、GoogleのApp Engine向けに書かれたアプリケーションがウェブ全体でさまざまなデバイスの上で共通に作動することになる。

もちろん言うは易く、行うは難しで、Androidは携帯OSとしての地位を固めるにも厳しい努力が必要だろう。しかし一方で、Androidが作動するデバイスのバラエティーが増えれば、デベロッパーやスタートアップにとってそれだけAndroidの魅力が増すことなるのも事実だ。

少なくともあるデバイスについては、Androidを利用するするのは筋が通っているように思える。昨年、私が最初にGoogle セットトップボックスプロジェクトの噂を聞いたときには、このプロジェクトのコンセプトはたいへんAndroidに似ていた。このプロジェクトは現在も生きているはずだ。2007年11月の記事で私は次のように書いた。

セットトップボックスにもAndroidのようなオープンソースのOSがあれば、それも変わるだろう。セットトップボックス用アプリの作成が、ウェブアプリの作成のようなものだとするなら、TVでも今以上にたくさんのことが可能になる。-特にセットトップボックスがウェブに接続している場合は。 テレビでIMしたり、コーラーIDが見たい?ノー・プロブレム。 カスタマイズした情報専用ウィジェットで自分の選んだ情報源から入る最新ニュースや気象情報、スポーツ得点、株式市況のテロップをボトムに流せたら? ノー・プロブレム。その目障りなテロップをオフにしろ? ノー・プロブレム。 バスケの試合生中継でカメラのアングルを制御したい? ノー・プロブレム。 試合現場にいる友達の携帯電話から流れてくるライブ動画のストリームを追加したい? ノー・プロブレム。 いろんな映画の戦闘シーンを集めて直接テレビでマッシュアップ編集して友だちのテレビでシェアしたい? ―ノー・プロブレム。

Androidが成功しそうなデバイスは他にどんなものが考えられるだろう?

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)