ニュース
yahoo buzz
Yahoo!(企業)
Digg

Yahoo Buzzが一般公開

次の記事

FriendsterがOpenSocialアプリのサポートを開始

Buzzは、YahooのDiggライクな取り組みで、ユーザーの意見とサードパーティーのコンテンツを活用して、一番人気のあるニュースを決めるというもの。今晩(米国時間8/18)、参加へのバリアーを取り払う。

これまではわずか100人ほどの招待されたパブリッシャーだけが、Buzzにニュースを投稿することができた。これは強力な宣伝だった。Yahoo Buzzの記事の中からいくつかが毎日Yahooのトップページに掲載されるため、運のいいサードパーティーサイトはサーバーがダウンするほどトラフィックが急増した。 今晩からは、招待が不要になり誰でもBuzzに投稿できる。

BuzzをDiggと比較するのは難しい。AOLのPropellerと同じく、Yahooは見出し記事を決める際に編集裁量を加え、競争を緩和することを選んだ。ただしこれが、ユーザーの参加意欲を削ぐことにもなるようだ。Yahooの場合は、見出しになる記事をYahooのトップページに押し上げることによって、Yahoo自身の大きなトラフィック増加になり、結果を歪めてしまう。

あと数時間でサイトがライブになったら、ここで記事を投稿できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)