Google、ユーザー満足度指数で躍進

次の記事

エミュレータでAndroidアプリをチェックする(ビデオあり)

ミシガン大学の四半期ごとのユーザー満足度の指数が今日(米国時間8/19)発表された。ウェブサイトの分野ではGoogleがトップになった。満足度は100点満点で86点(昨年に比べて10%アップ)。 Yahooは3%ダウンの77点。MSNは変わらず75点でNYTimes.comとABCNews.comに並んだ。AOLは昨年から3%アップの69点。

下にいくつかのサービスのデータのデータを掲載した。カッコ内な2007年の数字。

アメリカのユーザー満足度指数(2008年第2四半期)

Google: 86 (78)
Yahoo: 77 (79)
MSNBC.com: 76 (74)
ABCNews.com: 75 (74)
MSN: 75 (75)
NYTimes.com: 75 (73)
Ask: 74 (75
CNN.com: 73 (73)
USAToday.com: 73 (72)
AOL: 69 (67)

唯一の驚きはGoogleの成績がいきなり大きくジャンプしたことだ。昨年に比べて本当にそれほどの改善があったのか、あるいはGoogleという企業にタイするハーロー〔後光〕効果が続いているのだろうか?

(写真:Bing Ramos

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)