Microsoft、FacebookアプリCollabioでメタデータ分析を試みる

次の記事

Ning、WidgetLaboratoryの有料ウィジェットを突如締め出し

Microsoftの研究者チームはユーザーのメタデータとタグづけのロジックを解析するためのFacebookアプリケーションをリリースした。このアプリはユーザーはお互いに特徴を表すキーワードを選んでタグ付けするゲームで、Collabioと呼ばれる。(コラボレーション〔協力〕とバイオグラフィー〔伝記、経歴〕のミックス語)。

一見したところではCollabioというFacebookアプリには特別なものはない。ユーザーは自分の友達を表すのにいちばん適切なキーワードを選んで投稿する。それが他のユーザーの選んだキーワードとたまたま合致しているとポイントが得られる。Facebook上にはこれとほとんど同じようなゲームがいくつもある。

しかし他のこの種のアプリケーションが結果を単にデータベースに保管するだけなのに対して、Microsoftの研究チームは、はるかに野心的だ。チームは、このプロジェクトは個人の特徴づけとエキスパート・マッチング・システムの高度化を通じて心理学的、社会学的に人間の相互作用の理解を深めることを目指す研究だとニュース発表で説明している。この実験の経過はここで公開される。

MicrosoftとFacebookは従来から検索広告分野で大規模な提携を行ってきたが、この新しいプロジェクトはその絆がさらに深まりつつあることの現れといえるだろう。Collabioは商業的な目的は一切ない。そういうわけでMySpace版が現れることはなさそうだ。



[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)