WidgetLaboratory、Ningの痛いところを突いて反撃

次の記事

BrightcoveのCEO、オンラインビデオの成功と失敗を語る

昨日(米国時間8/22)、われわれはNingがそのプラットフォームでもっとも人気の高い有料ウィジェット・サービスであるWidgetLaboratoryを閉め出したことを報じた。Ningは正当な理由があるとしているが、WidgetLaboratoryのウィジェットはユーザー・コミュニティーに対して事前になんの予告もなく、いきなりプラットフォームから全て削除された。これによってNing上に作られた多くのSNSが正常に作動しなくなった。この措置に対しては、ユーザーが何百ドルも何百時間もかけて手作りしたネットワークをぶちこわしにするものとしてコミュニティーから激しい抗議の声が上がっている。

NingはWidgetLaboratoryがサービス提供約款に違反したとしているが、その違反の内容を公表することを拒否している。(ただし、WidgetLaboratoryに何度も警告していたという話は聞いた)。確かに何らかの違反があったのかもしれないが、もっとも人気のあるネットワークの多くをめちゃくちゃにするような重大な変更があることを事前に警告するのをNingが怠った事実は残る。

今日、WidgetLaboratoryは反撃を始めた。同社はブログに記事を掲載し、Ningのユーザーがネットワークを正常に機能させることができるよう、WidgetLaboratoryのウィジェットをすべてオープンソース化すると発表した。これらのウィジェットの多くは月単位で利用料金を徴収していたものだ。ユーザーは、今後これらのウィジェットを自由に追加し、変更し、改良することができる。このブログ記事ではまたWidgetLaboratoryは無料で移行ツールを提供するとしている。Ningのユーザーは、このツールを利用して簡単にコンテンツを他所のSNSに移すことができる。

ユーザーの希望に応じてWidgetLaboratoryは移行データを提供し、ユーザーが新しいSNSをセットアップできるよう、オープンソースのNingに似た代替ネットワークを見つける手助けをするという。(WidgetLaboratory自身はSNSをホストしたり管理したりする計画はない)。

私はWidgetLaboratoryのCEO、Spencer Formanと話をした。FormanはNingはサービス提供約款の違反についてたった1度しか指摘してこなかったと述べた。それはネットワークの過負荷だったという。Ningは不公正な競争制限を行っているとFormanは主張する。彼によれば、Ningから過去にもこれに似たネットワーク負荷に関する苦情を受けたが、実際にはNingのサーバーの設定エラーだったりWidgetLaboratoryとは無関係な問題だったりしたという。(Formanはこの主張を裏付けるため、Ningとのメールのやりとりと電話の通話内容をすべて公開する予定だとしている)。 最後に、FormanはNingはWidgetLaboratoryの成功に腹を立てていたのだろう、それ以外の説明はすべて煙幕に過ぎない、と語った。(同社はNingそれ自身と同じくらいの売り上げを達成していた)。

どちらにせよ、WidgetLaboratoryの大胆な手はNingをジレンマに追い込むものだ。もしNingがオープンソースのウィジェットも禁止すれば、ユーザーは自分でコードを読んで本当にサービス提供約款に違反している部分があるのか確かめることができる。もしNingがウィジェットを認めるなら、WidgetLaboratoryのウィジェットを閉め出したのはサービス提供約款に違反していたという説明そもそもが偽りだったことになる。

アップデート::
今日、Ningはこの問題の一部に関して説明を発表した。Ningは数週間以内に削除したウィジェットと同様の機能を実装し、また将来今回のようなコミュニケーションの欠如を招くことがないよう措置するとしている。以下はサービス提供約款の違反に対して将来どのように対処するかを述べた部分。

…特に、われわれがサードパーティーのデベロッパーに警告する場合は、Ningのプラットフォームから削除する前に、その事態に関してユーザーにも一般的な情報を伝えることとしたい。ただし、いつもそうすると保証はできない。サードパーティーのデベロッパーの行為が直ちに削除を必要とする場合もあるからだ。われわれは個々のネットワークよりもNingのプラットフォーム全体が機能することを常に優先する。

「一般的な情報を伝える」手段ならすでにある。メールだ。(ブログに記事を掲載してもよい)。Ningにはユーザーとネットワークの安定性を守る責任があるというというのはそのとおりだろう。しかしこのような措置を取る前にユーザーに何らかの警告をすべきだったのは明らかだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)