オンライン販売案件創出のDemandbaseが$8Mを調達

次の記事

有利な証拠以外公開してはいけない

B2Bの販売案件(未開拓の見込み客など)の創出を助けるDemandbaseが、Sigma Partners、Adobe Systems、およびAltos Venturesがリードする$8M(800万ドル)の資金調達ラウンドを完了した。このラウンドと関連して同社は、Webからのデータと各種のデータベースからのデータを統合化するプラットホーム、”Demandbase Central”を発表した。これによりユーザは、同社のオンラインサービスの利用効果をより高めることができる。

今日(米国時間8月24日)発表された2つの実装は、Demandbase DirectとDemandbase Stream。”Direct”のほうはユーザが自分の案件をWebのインタフェイスから管理でき、メールやCRMに自動的に案件を配布することができる。”Stream”のほうは、ユーザが自サイトへのパッシヴな訪問者をモニタでき、彼らのトラフィックを分析することによってそこから販売案件を作り出す。Demandbase社によれば、Streamを活用することによって、今まで放置されていたパッシヴなWebトラフィックの98%を案件に結びつけることができる。ユーザ企業は、特定の訪問者を直接の案件ターゲットにすることができる、という(つまりStreamの利用価値は、企業が訪問トラフィックを正確に同定できる能力にかかっている)。

Demandbaseは利用高払いの料金制でかねてから有名なサイトだ(会費、購読料などの事前定額払いがない)。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)