Jaikuが招待枠の制限撤廃、Googleインフラに移動

次の記事

YouTubeに字幕(複数字幕・多言語対応)機能が付いた!

昨秋Googleに買収されて以来、Jaikuに関して静寂が続いていた。Googleがフィンランドのスタートアップに、新機能の開発よりもGoogleのテクノロジー群への統合に力を注がせ、このTwitterの最も恐れるライバルを潰してしまうのではないかと、心配されていた。この間ずっと新規登録が停止され招待も制限されていたため、サービスへの新規ユーザーの健全な流れが断たれていた。

しかし、生命の兆しがみえてきた。JaikuはソフトウェアをGoogleデータセンターへ移動し、既存ユーザーの友人招待枠を無制限にした。

新しいデータセンターはJaikuの最終地点ではなく、Google App Engine上でモノを動作させるうえでの一歩にすぎない。しかしこれは、何よりもまずスケーラビリティー(Twitterを悩ませたことでよる知られる問題)に備えようという会社にとっての重要な第一歩だ。

VentureBeatが指摘するように、Jaikuは新しいサービス利用規約とプライバシーポリシーを導入しており、法務部門の準備も整ったようだ。

Jaikuのメンバーはいるかな? 無制限の招待枠を InviteShareでみんなに少し分けてもらえると嬉しい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)