iPhoneの受信失敗はiPhoneが悪い

次の記事

MicrosoftのLive Search キャッシュバック・プログラム、市場シェア獲得に役立たず

AT&Tは内部情報でiPhoneがバージョン2.0.2のアップデートでどういう問題を解決したのかをたいへんはっきり説明している。このアップデートはUMTS〔ユニーバーサル移動電話システム〕規格による電話機端末からの電力要求を行う部分に関するものだった。iPhoneは無線中継装置に対して通信の際に少量の電力割り当てを要求する。この要求は電話機端末そのものからその都度行われる。もし大量の携帯電話機が同時に大量の電力割り当てを要求すると、中継装置は過負荷となりシャットダウンしてしまう。これによって通話の失敗が起きる。iPhone 3Gは中継装置に対して過度に電力を要求していた。2.0.2では、あまりにひんぱんにあまり多くの電力を要求しないよう修正が行われた。

ところがこれは単独では効果を表さない。ユーザー全員が今すぐアップグレードしてくれれば問題ない。しかし一般ユーザーのアップデートのスピードは決して速くないので、問題は尾を引くことになる。今すぐ完全に解決する方法は、全iPhoneに強制的にアップデートを送り込むことだが、Appleがそういうことをやる気になるか、あるいはやる能力があるか、今のところ明らかでない。

つづきはCrunchGearで〔英文〕;

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)