Bloggerが“フォロー”の新機能追加、ソーシャルネットワークの種を蒔く

次の記事

マイクロソフトが欧州のショッピングサイト「Ciao」を買収

Bloggerが、他のメンバーのブログのファンリストに自分も参加できる“フォロー”という新機能導入を発表した

好きなブログ群をフォローすると、そのブログのサイドバーに置けるMyBlogLog風ガジェットに自分も他のフォロワーと一緒にユーザーネームとアバターを表示できるほか、フォローしているブログから入る最新の投稿もBloggerダッシュボード内の特別なフィードリーダーに読み取りが可能となる。

Bloggerはグーグルが所有・運営するサービスなので、Blogger上でフォローしているブログから入る投稿はGoogle Readerの特設コーナー”Blogs I’m Following(フォローしているブログ)”でも読める。

自分のお気に入りコンテンツのトップページにどっかり居座り続けることができる辺りが、このフォローという新機能の便利なところだが、Bloggerにとって最大のメリットはコミュニティとしての一体感をもたらすところで、この連帯感を徐々に強めていけば、さらに機能充実のソーシャルネットワークの構築も夢ではない。 Bloggerチームは既にGoogle Friend Connectを自社ブログネットワーク全体に導入する方針を明らかにしているので、この方向でさらに突き進むと見て間違いないだろう。

一方、この機能一斉導入はただ単にMovable TypeやWordPressと戦う競争力をキープする試みにもとれる。両社ともソーシャル機能なら独自に開発済みだ(前者はグーグルのソーシャルネットワークの宿敵Facebookの胸に飛び込んだ)。

が、グーグルが米国内でそれなりに人気のソーシャルネットワークを持っていないというのも悪目立ちする話だ(Orkutも大して進歩はない)。そこでおそらくグーグルとしてもソーシャルネットワーキングの希望はこのBlogger1本に大方託すことにしたんだろう。Bloggerなら、その強みをレバレッジすればGoogle Friend Connect、引いてはOpenSocialの利用拡大にも繋げられる見込みもありそうだ。

Bloggerユーザーでフォローの新機能がまだ見れない方はあと数週間の辛抱かもしれない。―導入は徐々に進めるそうなので。

[News via The Social]

[原文へ]

(翻訳:satomi)