ニュース
iPhone(製品・サービス)

Appleが音楽CDに対してとどめの一撃

次の記事

Cuilでサイトがダウン?

iTunes apps

Appleは来月、インタラクティブアルバム機能を提供するアプリケーションをリリースする。アルバムには歌詞、背景画像、特別なアルバムアートなどをまとめておくことができる。

Music Weekの記事によると、AppleはSnow Patrolの新作アルバムA Hundred Million Sunsを、新たなインタラクティブアルバムで提供する。新しいアプリケーションはiTunes上のアルバムにも機能自体は追加するが、追加のコンテンツはApp Storeで提供され、iPhoneおよびiPod Touchでのみ利用できる。

尚、Appleがこのようなアプリケーションを提供するのは、皮肉な話だと言えるかもしれない。すなわちAppleはこれまでiTunesミュージックにサードパーティーが関与するのを嫌っていた。それでTap Tap RevengeのようなアプリケーションもiTunesのライブラリにアクセスすることができないようになっている。AppleがiTunesの機能を掌中におさめておきたがっているのは明白だ。あるいはインタラクティブアプリケーションのリリースを期に、サードパーティーにも機能を公開していく予定なのだろうか。

また、新たなアプリケーションには重要なポイントがもうひとつある。すなわちデジタル音楽の前に膝を屈しつつあるCDが必死に保持していた利点を蔑ろにしてしまうという点だ。iTunesのアルバムにも、これまでCDが提供していたおまけを付けることが可能になる。おまけによってCDの優位性を出すという発想は、ますます無意味なものとなっていくことだろう。

AppleのアプリケーションはSnow Patrolの新アルバムが店頭に並ぶ10月27日あたりに発表される予定。現在のところ価格は未定だ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)