Mozilla、Firefoxの新ベンチマークで反撃

次の記事

YahooもIE嫌い?

Mozilla vs. Google

Chrome登場の埃も静まらないうちからMozillaはプレッシャーを感じているようで、今日(米国時間9/3)早々にベンチマークをまとめて公表し、グーグルがChromeの総力を結集しても叶わぬほどFirefox 3.1は高速になることを数字で示した。

グーグルによればChromeが実装するV8というオープンソースのJavascriptエンジンは、ウェブ上に現在出回っているどんなものよりも高速だという。 僕らのChromeテストをベースに考えても、その通りという印象だ

ところが年内リリースのFirefox 3.1でMozillaが実装する新エンジン「TraceMonkey」は、コード製作者の一人のBrendan Eichの言葉を借りると「Chromeの最速の瞬間さえ楽勝で凌ぐものになる」らしい。

それを証明するためMozillaも独自にベンチマーキング技術「SunSpider」を使って、TraceMonkeyでFirefoxを実際に走らせてテストを行い、結果をGoogle Chromeベータ版と比べてみた(←訂正!)。結果はChromeの方がWindows XPでは28%遅く、Windows Vistaでは16%遅かったという(同社発表)。

こうした数字を並べた上でMozillaは、TraceMonkeyはほんの数ヶ月前に開発に着手したばかりなので、今年中に一斉展開するまでには良くなることはあっても悪くなることはないだろう、としている。

ベンチマークテストと言っても自前なのでFirefoxがトップになるよう期待してしまうだろうし、こうした一定の利害関係がある以上、全部信じるなと言わないまでも数字は疑ってかかる必要がある。 それはグーグルが出した5つのベンチマークにしたところで同じだ。

現状、Chromeは市場最速のブラウザである。それは、FirefoxとChromeを両方使ってる人なら誰でもすぐ分かる。がしかし、Firefox 3.1がウェブ上陸後も、MozillaのエンジンがTraceMonkeyに交代後も尚、Chromeがトップの座を維持できるかどうかは、その時になってみないと分からない。

[原文へ]

(翻訳:satomi)