gamertrainer

World Of Warcraftですぐ死ぬ?–ではゲームの家庭教師を

次の記事

モバイルVoIPのスタートアップiSkootがSocial.imを買収

今のビデオゲームのほとんどが、それを初めてプレイする人の様子をそばで見ていると、めちゃくちゃ絶望的なので笑えてしまう。照準は画面中をふらふらさまよって定まらない。やたら撃ちまくるけど、弾はターゲット以外のあらゆる物に当たってしまう。何も効果的なことができないので、いらいらが高じてわめき、ゲームのずるい仕掛けを呪い、そして誰もが共通の結論にたどり着く:「このゲームはむかつく!」。

だがこの現象は、業界にとってはマイナスだ。初心者のゲーマーが不愉快な経験をすると、ゲームから完全に遠ざかってしまうことがある。デベロッパたちは初心者(novices)(新参者(newbies))でも遊べるようにあらゆる工夫を凝らすが、何年も遊んでいるゲーマーたちの腕前に代わるものはあり得ない。そう、少なくとも今までは。

そこに、GamerTrainerが登場。このほやほやのスタートアップは、今のほとんどの、有名なゲームの遊び方に関するオンラインのレッスンを提供する。1時間30ドル(回数券を買えばやや安い)で、このサイトの公認ゲームトレーナーから個人教授を受けられる。トレーナーたちは全員、自分が担当するゲームで数年のプレイ歴がある。

スタートしたばかりの今現在、このサイトがサポートしているゲームは:

• Battlefield: Bad Company™
• Call of Duty 4®: Modern Combat™
• Guitar Hero® III and Rock Band™
• Halo® 2 and 3
• Madden NFL 09
• Rainbow Six® Vegas 1 and 2
• Super Smash Bros.® Brawl
• World of Warcraft

GameTrainerは優れたアイデアだ。今後あちこちで紹介されたらきっと人気サイトになるだろう。いやむしろ、これはゲーム業界自身がずっと考えていたビジネスモデルかもしれない。インターネット以前の時代には、ゲームには“ヒント電話”という電話番号があって、行き詰まったゲーマーがそこに電話をする(1分数ドルの料金で)。しかしその後ゲームはものすごく複雑になり、攻略本などでは間に合わなくなった。初心者にとっての壁も、厚く高くなった。ゲームの見込み客を多く獲得することが業界の義務であり最大の目標なら、オンラインの家庭教師はゲームのユーザ層を増やすための非常に有利な方法ではないだろうか。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)