CappuccinoはMac用プログラミング環境Cocoaのウェブ版

次の記事

広がる、オンライン広告の形態別格差

Y Combinatorと組んで280 Slidesというスライドショーメーカーを提供してきた280 Northが、今度はプログラミング言語とフレームワークの提供を開始した。この二つはまとめてCappuccinoと命名され、MacOS X用のデスクトップアプリケーションを作成するのと同じ方法でウェブ上のリッチアプリケーションを作成することができる。

AppleのMobileMeで使われているSproutCoreと同様に、CappuccinoはMacOS X用アプリケーション開発環境であるCocoaの使い勝手をウェブアプリケーションの世界に持ち込もうとするものだ。ただしSproutCoreと異なり、Cappuccinoの開発者は従来ウェブ開発の局面で利用されてきたHTML、CSS、およびJavaScript等の言語を理解している必要はない。

Cappuccinoでは従来の開発言語に代えて、Cocoaでの開発に用いるObjective-Cの名前を真似たObjective-Jを用いる。これによりこれまでウェブ開発を行ってきた人も新たな言語を学ばなければならなくなるが、デスクトップアプリケーションの開発者がウェブアプリケーションの世界に参入することを容易にする。またObjective-Jをベースに開発することには他のメリットもある。Cappuccinoフレームワークは、新たな技術標準の定着を待つことなく進化していくし、開発者はひとつの言語のみを知っていれば事足りるし、さらにCappuccinoで実装される言語仕様の利便性は、従来のJavaScriptには存在しないものだ。

まとめておくと、Cappuccinoはデスクトップアプリケーション並のルック&フィールを持つウェブアプリケーションを素早く開発する環境を提供する。たとえばドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、UndoとRedo、ドキュメントの保存などの機能を持ったアプリケーションを開発することができる。CocoaでMacOS X向けアプリケーションに実装することのできる機能は、おそらくなんでもCappuccinoで実装することができる。

CappuccinoはGNUのLGPL(lesser general public license)に基づくオープンソース形態で提供される。280 Slidesの更新版も提供してはいくが、280 Northは今後、Cappuccinoにより多くの資源を投入していく予定だ。280 NorthおよびCappuccinoとSproutCoreの比較記事を6月のArs Technicaのインタビューで読むことができる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)