dropCard
DreamIt
BeanStockd
Anthillz

インキュベーターのDreamItが、第1期卒業記念のファンディングデーを開催

次の記事

TechCrunch50パネルのVC向けに、厳しい質問募集中

今日(米国時間9/4)は、DreamIt Ventures初のファンディング・デー。そこではこの新しいスタートアップ・インキュベーターが、10社に上る新会社をファウンダーやベンチャーキャピタリストの一群に引き合わせる。DreamItはY CombinatorTechStarsと同じ流れのプログラムで、スタートアップに対して、シード資金の提供や、ガイダンス、株式取引きの紹介などを行う。スタートアップ各社について、簡単な紹介を書いたので見てほしい。

SCVNGR: SCVNGRは、一切の技術ノウハウがなくてもモバイルゲームが作れる、という期待のスタートアップだ。ゲームはどの携帯電話でもプレイできて、ダウンロードは必要ない。SCVNGRのゲームは、学校のオリエンテーションや企業のチーム立ち上げ、プロモーション等のグループ活動にぴったりだ。

Vuzit: Vuzitが提供するのは埋め込み型の文書ビュアーで、ウェブページやブログ記事に文書を組み込むことができる。機能はScribdやDocstocと非常によく似ているが、Vuzitが狙っているのは、目的地ポータルではなく、自分のコンテンツへのアクセスを管理したい個人や企業のためのツールになることだ。

Phrazit: Phrazitは、レビューを30文字以下にまで圧縮して、あらゆるもののタグクラウドを作れるようにする。ユーザーが各単語に関係のある単語やフレーズを送ると、いちばん人気のあるものが大きなフォントで表示される。たとえば、ハリーポッターのPhrazitによる解説は「Bloody Awesome」[メチャすごい]。われわれが先月書いたPhrazitの本格的なレビューがここにある。

DropCard: DropCardは名刺の悩ましい問題(特に、いつも持ち歩いているとは限らないうえに、山ほど持っていないと役に立たないこと)の答えになることを望んでいる。DropCardはこの問題を解決するために、ユーザーにその知り合いのメールアドレスを41411にショートメッセージで送ってもらうと、連絡先情報を先方に送り、先方がユーザー登録して情報を送り返すというしくみを作った。類似のサービスにRmbrmeがある。

BeanStockd: BeanStockdはグリーンな環境活動をさらに大衆に注目させようという、ニュースサイト兼メディア会社だ。現在同サイトにはブログがあるほか、ウェブベースのゲームを計画中で、そこではユーザーがリアル世界でグリーンな活動に参加することによって、先へ進むことができる。

InterviewBest: InterviewBestは、就職面接で使う印刷プレゼンテーションを生成することによって、ユーザーの面接に備える。同サイトではさらに、面接後のフォーアップのレターを書く支援もしている。InterviewBestはお試し版を提供していて、有償購読プランで収益を上げる予定。

Anthillz: Anthillzは、専門@職に同僚の評価をしてもらい、将来の就職活動で「ソーシャルな売り口上」として使おうというもの。同僚の誰かに評価してもらうためには、まずその人の評価を書く必要がある。サイトのコンテンツを増やすのに役立つデザインだが、不正確でいい加減な評価を招くものでもある。

Sleep.fm: 自称「ソーシャル目覚し時計」というSleep.FMは、ユーザーがアラームをセットして、友人にメッセージを録音してもらうと、標準のブザーの代わりにそのメッセージが起こしてくれるというもの。同サイトではこのほか、「スマート」アラームとして、天気予報や、飛行機の便が遅れたときの通知などを設定できるようにすると約束している。

SnackFeed: SnackFeedはウェブ上の高価値のビデオコンテンツのインデックスを作り、いちばん興味のある番組を確実に選ぼうとしてくれる。同サイトではさらに、ビデオの「行動フィード」を提供して、友人がアップロードしたビデオや見たビデオがわかるようにしている。

TapInko: TapInkoは、リアル世界の広告スペースの購入という、ひたすら時間のかかることの多いプロセスに目を付けた。このサイトでは、新聞、レストランの壁面、乗り物から誰かの体に彫られた入れ墨(以前肌の一部を売りに出したことがある人)まで、広告のさまざまな出稿オプションを提供している。

Trendient: Tradientは自分たちを、ネット小売店のロングテールで、自力でデータを追跡する時間もリソースもない、という人のためのプロモーションと販売のインテリジェントソリューションであると位置づけている。現在サイトはアルファテスト中のため、詳細はわかっていない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)