ビル・ゲイツとジェリー・サインフェルドのCM, Microsoftはどこ?

次の記事

World Of Warcraftですぐ死ぬ?–ではゲームの家庭教師を

一連のジェリー・サインフェルドによるMicrosoftのコマーシャルが今日(米国時間9月4日)始まった。CrunchGearのDoug AamothがGiantsとRedskinsの試合のあいだに最初のを録画してサイトに載せた。広告費は$300M(3億ドル)で、サインフェルドのギャラは1千万だそうだ。

内容は、わざとらしいというか、かわいらしいというか、まあ靴に関するシチュエーションコメディーだ。一瞬で終わる。MicrosoftやWindowsの名前は出てこないが、こんなせりふが:“みんなが履いてくる靴でコンピュータがケーキみたいにしっとり柔らかになるから、仕事中に食べちゃうことはない?” そのあと、ゲイツが尻を振る。総合点は、10点満点で0点。

こういうコマーシャルは技術を売ろうとすると視聴者は逃げる。でも、今回のでソフトウェアが売れるとは想像できないね。

アップデート:このコマーシャルに関するMicrosoftの社員へのメールがここに

[原文へ]
(翻訳:hiwa)