謎のストレージ・サービス、Dropboxが2007年にSequoiaから資金を調達していた

次の記事

オンラインビデオでAmazonはHuluに勝てっこない

Dropboxにはまったくイライラさせられる。このスタートアップはユーザー向けの機能(ビデオ参照)に関するもっとも基本的な情報以外、いっさい秘密にし続けている。われわれがDropboxを最初に見たのは、2007年8月に開催されたY Combinatorのデモ・デーだった。その後今年の3月にプライベート・ベータを開始した際に、もう一度話を聞いた。

しかしどうやらSequoiaはこの会社にいち早く目をつけていたらしい。われわれが聞いたところでは、去年の9月、Dropboxは $1.2M(120万ドル)という比較的少額の資金をSequoiaから調達することに成功している。知られているかぎりでは、これはYCombinator出身の企業としてSequoiaから出資を受けた2番目の例だ。(最初の企業はLoopt)。

来週あたり、Dropboxに関して続報が出せるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)