sidetaker

カップルの悩みもクラウドソーシングでカル~く解決するSideTaker

次の記事

MyAWOL改名でLP33.TVに。加えて音楽業界向けIMDBを構築

すべてのカップルには良いときも悪いときもある。しかしそうは言ってもカップル内の問題が表沙汰になるようなこともない。しかし大事なパートナーと、何らかの問題について意見が食い違ってしまうようなときはどうすれば良いだろう。

本日(米国時間9/5)公開されたSideTakerは、カップルにお互いの言い分をアップロードしてもらい、それを見る人に議論の決着をつけてもらおうとするサイトだ。SideTakerのメンバーはどちらの言い分に同意するかを投票することができ、またより詳しい事情や意見を尋ねるためのコメントを書き込むことができる。

サイトには面白い話がたくさんある。議論はパートナーに対する嘘といった話から、トイレの水を流す流さないの話まで多岐にわたる。投稿された議論はしばしば見ている人の要請に応じて詳細が追加されている。

ここに投稿される話が本当なのかどうか、判断できない自分もいる。プライベートな問題を解決するのにウェブを頼るカップルがどれだけいるものなのだろう。ただしJerry Springer and Judge Judyのようなショーは何年間もこういう話で盛り上がっている。つまりこの手の話が人気を集めるものであることは間違いないのだろう。また役に立たないことも多いだろうけれど、文書による議論で決着を付けるのが大事だということもある。他人からのコメントは無視するにしても、面と向かって話をするよりも文書にした方が正直になれることというのもあるものだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)