ニュース
Peerflix
liveuniverse

LiveUniverse、Peerflix買収―またもダメ会社をつかむ

次の記事

Shasta Ventures、人事異動

ブログ記事によると、DVD交換サービス転じて広告ネットワークとなったPeerflixという何かと波乱の多いスタートアップをBrad GreenspanLiveUniverseが買収したということだ。金額は明らかにされていない。(が、おそらく非常に低いはず)。われわれはLiveUniverseにコメントを求めている。

Peerflixは2004にNetflixのP2P版として、1枚1ドルで、ユーザー同士がDVDを交換するのを助けるサービスとして始まった。このサイトは2006年に定額制を廃止して、オンデマンド・タイプのモデルを採用したが、これも結局うまくいかなかった。2007年11月には、オリジナルのDVDスワップ・サービスとは縁もゆかりもない広告ネットワークをローンチした。PeerflixはDVDサービスを今年に入ってとうとうお蔵にしたので、Live Universeは純粋に広告ネットワーク会社として買収したことになる。

LiveUniverseはPeerflixの前にも、この1年ほどの間に、多数の会社を買収している。2月にはコンテンツの制作者と収益を折半するビジネス・モデルで苦闘中のビデオ・ポータル、Revverを買収している。4月には、PageFlakesを買収したが、カスタマイズ可能なブラウザの起動ページという分野はすでにiGoogle始め既存のプレイヤーで飽和している。買収の成果は上がっていないに違いない。買収後たった4ヶ月でPageFlakesのCEOは脱出してしまった。

LiveUniverseは、さらに最近、あまりうまく行っていないVoIPサービスのJanglと、ビデオとオンラインTVガイドを組み合わせたMeeveeも買収している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)