TC50:Akohaが、世界をもっといい場所にする

次の記事

TechCrunch50日本勢の活躍(3)GazoPa

普通の人のためのゲーム、というのがAkohaのファウンダーのひとりAustin Hillによる同社のオンラインゲーミングシステムの説明だ。このシステムでは「ミッションカード」を使う。これは、友人同志で交換し合うもので、ミッション(誰かに本をあげる、食事をおごるなど)が書かれている。このカードを登録してミッションを実行する。賢いソーシャルネットワーキングツールを使って、自分のミッションが人にどう影響するかを調べたり、友人と競うなど、一般に人の喜ぶことを行う。

ミッションを自分のアカウントに追加したり、カードに載せて友人に渡すことができる。カードは印刷するか、サイトでミッションカードのデッキをリクエストして、アカウントを自動的に更新してデッキの中身を反映させることもできる。

同チームは、このゲームを2009年に始める予定で、目標を、ひと言でいえば世界がもっと良く、もっと幸せになること。ファウンダーらはウェブゲーム「play it forward」で得た収入で非営利団体を支援する考えだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)