TC50:Atmosphir、自作用ゲーミングプラットホーム

次の記事

TC50: Bojam曰く,みんなで一緒にロックできるべき

Atmosphirはゲーム用プラットホームおよびエンジンで、ユーザーが基本要素を3次元のグリッドに描いていくことによって、3Dワールドに簡単に自分専用のレベルを作ることができる。クライアントアプリケーションをダウンロードしたら、自分のレベルでプレイするか、Atmosphirコミュニティーのウェブサイトに行って、他のユーザーがアップロードしたマップでプレイすることができる。このアプリケーションは現在、限定ベータ中で、今年末までには一般公開される予定。MacとPC両方に対応する。

ユーザーはいくつもの中からパレットを選ぶことができ、そこには土地、橋のほか燃え上がる火の玉でゲームのアバターを脅かす有害物体などが含まれている。アプリケーションには、テーマパックもたくさん用意されていて、これを使ってユーザーのレベルに変化を持たせることができる。現在のところパックは非常に基本的なものだが、今後サイトでは「海賊」や「ロボット」といった、もっと面白そうなテーマを公開する予定だ。

ゲームプレーに関して、Atmosphirはかなり素直で、標準版「マリオブラザーズ」という感じだ。プレーヤーのアバターは、各レベルで走り回ったり跳んだりできるので、ジャンピングパズルをしたり、悪者を踏みつけることができるが、まあその程度だ。Atmosphirによると、現在のバージョンは基盤にすぎず、もっとずっと多くの機能を計画しているということで、マルチプレーヤーサポートについて言えば、内蔵のアップデートシステムによって、全ユーザーのクライアントにシームレスにデータを送ることが可能だという。

審査Q&A

Robert Scoble: これだよこれ、僕が話してたのは!

Bradley Horowitz: 素晴らしいね。ゲームコンソールで遊べる?

Atmosphir: もちろんです。僕はいつも任天堂ですから。(彼らはWiiのようなゲームシステムにも参入を考えている)

Bradley Horowitz: 手間はどれぐらいかかる?

Atmosphir:  異なるシステムへのポート、Sony PSPへのポートが簡単にできる抽象化層も開発しました。iPhoneに関しては現在テスト中です。

Bradley Horowitz: ゲームを作ってレベニューシェアというビジネスモデルも考えられそうだね。

Robert Scoble: シングルプレイヤー、それともオンライン?

Atmosphir: 今はマルチプレーヤーにしようと思ってます。上にマルチプレーヤーのコードを追加して…。 このゲームには自動的に保管する「Transparent Update」機能が備わっているので、コードを追加するとシームレスにユーザーにダウンロードも可能です。…クライアントのアップデートは自動で行われますね。

Robert Scoble: レベルはコラボ対応にできるのかな? 息子と一緒にコラボしたいんだけど。

Atmosphir: はい、コラボレートできます。今はファイルを取ってドラフトをやりとりが必要ですけど…いずれは同じ環境でデザインしたいですね。編集をアンロックしたタグもアップロードできます。レベルは小さなファイルで、大きなレベルでも100k前後です。

Robert Scoble: ブロックはインタラクティブ? ブロックに着陸したら音声が流れるようにできるのかな?

Atmosphir: 目下、インタラクティブなものは作業中です。…シューティングできるブロックも。あと音声の方も対応検討中です。

Sheryl Sandberg: エキサイティングですね。コラボレーションの部分も発展の可能性がありそうです。

Joi Ito: クライアントはどれぐらい大きいの? 

Atmosphir: だいたい40MBですね。

Joi Ito: ユーザーのスクリプト作成可能度とブロックの間でトレードオフ(妥協)のように思える。スタート地点の旗から走ると飽きるだろうし…。ユーザーのカテゴリは1つだけにするのかな。 ユーザーのゲームプレイ …変な問題になるね。

Atmosphir: みんながゲームとジャンルの役割りを混ぜるところに興味があるんです。 僕らはそれをミックスしたい。

Robert Scoble: 暴力シーンは?

Atmosphir:  ファミリーでも安心して使えるものにしたいと考えてます。たぶんもっと大人向けのテーマも設けるとは思いますが、今のところは任天堂のアプローチを踏襲して。 …まあ、ロケット発射台も出ますけど。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi、satomi)