ニュース
Twitter / ツイッター(企業)

コロラドの地方紙、交通事故で死んだ3歳児の葬儀をTwitterでライブ中継―非難高まる

次の記事

Verisign、MoreoverとWeblogs事業部売却を急ぐ

Twitter

コロラドの地方紙の記者が水曜日に行われた交通事故の犠牲となった3歳児の葬儀を、その最中にTwitterで報道したことが、常識を欠いているとして各方面から非難されている。

ローカルニュースをいち早く報道したいという新聞特有の熱意の行き過ぎとも評されているが、この記者は葬儀が終るまで待てずに、ライブでTwitterにメッセージを投稿した。Twitterで葬儀を報じることにした判断については、リアルタイムのソーシャル・メディアは、タイミングとしても手段としても厳粛な儀式の報道にふさわしくないとして多くのコロラドのプレスが批判している。

批判者の1人はABCNews.comに次のように語った。「悲しみに沈んでいる人々を取材しなければならない場合、記者は往々にして難しい立場に置かれる。こういった状況では、記者は取材相手にタイして最大限の配慮を理解を示さねばならない。葬儀の終了を待たずに、リアルタイムでメッセージを公表するというのは、プライベートな悲しみの瞬間に対する一種の略奪行為と感じられて、私には賛成できない。

問題の記者はBerny Morsonといい、依然Twitterにフィードを続けている。葬儀のライブ中継のメッセージも依然として過去ログに公開されている。一連のメッセージは棺と参列者の到着の描写に始まり、家族が墓穴に土をシャベルで投げ入れるところで終っている。

Morson記者とRocky Mountain Newsは、Twitterの疑問ある利用法に対する非難の嵐にもまだ沈黙を続けている。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)