サーゲイ・ブリンが個人ブログ開設。自身のパーキンソン病リスクを語る

次の記事

Googleの反トラスト批判に対する回答(めいたもの)

Googleの共同ファウンダー、Sergey Brinが今日(米国時間9/18)too.blogspot.comで個人ブログを開始した。

最初の記事で 、Brinはブログ名の説明をしている。「私のパーソナルブログへようこそ。Googleがgoogolをもじったのに対して、tooはずっと小さな数 two をもじったものだ。「加えて」という意味もあり、このブログが私の仕事以外の一面を反映していることを表している。

2番目の記事は少々深刻だ。BrinはDNAのスタートアップ、23andMe(妻のAnne Wojcickiが設立した)によって、自身にパーキンソン病に関わる遺伝子突然変異、G2019Sがあることが示されたことについて書いている。この突然変異はパーキンソン病患者の中では稀であるが、一部の民族集団では家族性パーキンソン病の大部分を占める。即ち、この突然変異のある人は高い確率でパーキンソン病にかかるという意味だ。

Brinによると、現在のデータからみて発病する確率は20%~80%。そして、彼にはそのためにできることがあるという。

このために私はある種特別な立場に立たされることになった。人生の早い段階で、ある病気に非常にかかりやすいことがわかっている。これで私はこの確率を小さくするように生活を変えるチャンスを得た(例えば、運動することによってパーキンソン病のリスクを減らせる)。さらに、発病するずっと前から、この病気の研究を行ったり支援したりするチャンスもある。そしてそれは、私自身の健康状態にかかわらず、家族や他の人たちに役立てることができる。

私はこの境遇にあることを幸運に思う。不老の泉が見つかるまで、誰もが老いた時何かの病気になるが、それが何であるかを知らない。私は自分の病気が何になるかについて、ほぼ誰よりも良い予想を立てられる。そして、何十年もかけてそれに備えることができるのである。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)