Jabber
IM

シスコ、コラボ&IMのJabber買収

次の記事

Yahooがインドでソーシャルネットワーク立ち上げ

Cisco

シスコが今日(米国時間9/19)、Google TalkやGizmoが採用しているオープンソースのIM&プレゼンス専用プロトコル「Jabber」買収完了を発表した。買収額は非公開。

シスコはJabberを使ってビジネス界のメッセージサービス改善を図っていく。Jabberの技術ではマイクロソフトのOffice Communications ServerやIBM Sametime、AOL AIM、Googleといった幅広いプレゼンスシステムを串刺しでコラボが可能だ。買収ターゲットとしては申し分ない相手だ。

「エンタープライズの団体は今、ビジネスプロセスアプリケーションに統合化が可能で、簡単にニーズの変化に即応できる増築可能なプレゼンス兼メッセージ専用プラットフォームを求めています」、シスコのコラボレーションソフトウェアグループのシニアVP、Doug Dennerlineはこう語る。「Jabber買収により、当社が現在抱えているIMサービスのリーチを拡大し、当社のコラボレーション専用プラットフォームのケーパビリティも増強できるでしょう。当社が目指すのは、コラボレーション業界における相互運用のベンチマークになることです」

買収額は公表されなかったが、同社はエンタープライズIM業界参入を切望している。特に今はYammerやPresent.lyのような新参会社がエンタープライズ用のメッセージングサービスに進出を図っていることだし、こうした状況を前にシスコにとっては当然埋めるべき穴だったはずだ。

[原文へ]

(翻訳:satomi)