Twittermoms人気を見ると、Twitterにグループが必要な理由が分かる

次の記事

HTC Dream G1端末を使用中の生写真

Twittermoms

これだからTwitterにはグループが要るんだよね。立ち上げからまだ15日しか経ってないのに、ママたちがものすごい勢いでサインアップしているサイト、それが「Twittermoms.com」だ。ファウンダーによると、サイトの成長は予想外に強く、Quantcastの統計によると毎日利用するユーザー約5000人のうち39%はもう“中毒”にかかってるらしい。

pie

で、どこがいいのか?

Twittermomsはみんなの考えるものとは違う。ママ向けのTwitterのクローンではなくて、Twitterを使うママが集まって、母親としての暮らしを語り合うサイトなのだ。 Twitterにとっては完璧ななデモグラフィーで、ここに集まる人たちは経験に裏打ちされた本物の意見をたくさん抱えていて、尚且つそれを分かち合いたいと思っている。サイトではチャットしたい人のために“新規Twitter”や“ペットの苦情”といったテーマのフォーラムを設け、興味範囲別にグループも提供している。例えば“Being Moms(ママやってます)”のグループを選ぶ人もいれば、“Twins!(双子ちゃん!)”のグループに入る人もいる、という具合に。

Twitter同様、サービスにはタイムラインがあって、サイトの最新の動きがそこに表示される。ユーザーは互いに友だちになって、フォーラムや参加したグループに友だちから新規投稿があるとアップデートを流してもらうこともできる。よ

Quantcast

TwittermomsはとどのつまりがTwitterする母親の集まりである。そう考えると、なかなか面白い点に思い至ってしまう。つまり何故Twitterはグループの必要性に応えていないのか? である。

昨日紹介したPresent.lyは法人向けのマイクロブロギング専用ツールだが、ここは自社プラットフォーム上でグループ分割のサービスを実現し、これが本サービス一番の便利な機能だということが実証されている。似たもの同士のTwitterユーザーを集めるTwittermomsのようなグループが突如現れてきたところを見るとTwitterも後回しではなく、早いとこ自力でグループサービスを提供すべきかもしれない。

Twittermoms使ってみたいママは今すぐサイトに乗っけてもらえるよ。

Twittermoms

Twittermoms

[原文へ]

(翻訳:satomi)