viacom
Social Project
mtv-networks

MTV Networks、DIY型ソーシャルネットワーク・プラットフォームのFlux(Social Project)を完全買収

次の記事

MySpace Musicの流出画面イメージ

MTV NetworksはSocial Projectを完全に買収して傘下におさめた。買収金額については公開されていない。Social ProjectはMTV.com、TheDailyShow.com、ColbertNation.comなど多くのサイトで利用されるソーシャルネットワーク・プラットフォームであるFluxを所有しており、MTV Networksは当初、小額投資者として運営に参加していた。NingKickAppsと競合するSocial Projectは前回$47.5M(4,750万ドル)の資金を獲得しており、その大半はMTVの親会社であるViacomから出資されていた。

Social ProjectはTagworldの名前でスタートし、後に自社サイトにソーシャルメディア機能を導入することを目論んだViacomと提携を行った。昨年11月にはソーシャルネットワークのニッチ分野に着目し、Viacomの膨大な動画コンテンツを活用することを目的としてFluxの提供を開始した。以来Fluxは200万人の会員を集め、トータルでは1,000の異なるサイトをまたいで会員数760万を達成した。MTV.comが最大規模で60万の会員を集めている。9月7日のMTV Video Music Awardsでは、1日に全サイトを通じて250,000 40,000人の会員を集めた。またMTV Networksによれば利用者の参加レベル(サイト滞在時間およびページビューにより算出)は20%向上し、Fluxのメンバーにおいては140%向上したとのこと。

他のソーシャルネットワーク・プラットフォームと比較すると、Fluxを利用しているサイトはまだ少数派ではある。Ningは475,000のサイトで利用されており、Fluxは1,000だ。しかしそれぞれのサイトを利用している人数を合計するとそこまでの差はない。Ningは全登録会員数を公開していないが、comScoreの集計によれば1ヵ月間での全世界からのアクセスは6900万件であるとのこと。全く同一条件での比較というわけではないが、Fluxの登録利用者数は7600万人だ。もちろん月間訪問者数と登録者数は概念の異なるものだが、comScoreの統計ではFluxの普及度合いをきちんと把握することはできない(部分的な比較としては昨年TechCrunchにも掲載したNingのCEOであるGina Bianchiniの分析が参考になる)。

Fluxは自身をソーシャルネットワークではなく、ソーシャルメディアの共有を行うプラットフォームとして位置づけている。たとえばMTV.comでFluxの会員となった後にFluxを利用する他のソーシャルネットワークに参加すれば、MTV.comで集めた動画その他のコレクションをすべてが自動的に他ネットワークでも利用できるようになる。Viacomのコンテンツを利用してソーシャルネットワークを楽しみたい人がどれだけいるのかはわからない。しかし今回の買収劇はメディア企業が、NingやFacebook、あるいはMySpace等の他社技術に頼らずに自社サイト群にソーシャルネットワーク機能を導入する道筋を示したものと言える。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)