Android App Market早耳プレビュー

次の記事

T-Mobile G1は、パラダイムシフトなのだろうか

今日(米国時間9/23)のT-Mobileプレス会見で、Androidフォンをいじりまわしていたとき、私はアイコンのひとつにApp Marketがあるのを見逃がさなかった。iTunesのApp Storeに対するAndroidの答えだ。App Marketは10月22日、T-Mobile G1の発売とともに開始される。そこで私は今何がy載っているのかが気になった。

左のピンボケ写真は、私が(もちろん)iPhoneで撮ったもの。アプリの名前と内容は書き取ってきた。以下のアプリをちょい見することができた。いずれも無料。

AnyCut— 要するに電話機のキーにショートカットを割り当てるもの。電話に内蔵されるべきなんじゃないのか。

BreadCrumbz— 行き方をわかりやすくするためにランドマークの写真を使って、地図上にルートを描く。

Cocktail— 手元にある材料を入力すると、どんなカクテルを作れるか教えてくれる。 うまそ。

Compass— 文字通りコンパス。ハイキングに最適。

Contacts De-Duper— 携帯の電話帳に同じ人が2回出てくるのがいやな人へ。重複を削除してくれる。

EcoRio— このアプリはステージに登場した。二酸化炭素排出量削減を手伝う。クルマの相乗り用のアプリのようにみえたが。

Krystle II— 神経質で親しみのあるタマゴッチ。このアプリは電話機をペットに変え、面倒を見たりなぜたりしなければならなくなる。もちろんタッチスクリーンで。ぞぞっ。

Mandelbrot Mapカオス理論を使って「無限ビュー」の地図描く。ダウンロードしておくべきだった。

Panoramio— 近くにあるものの写真を表示する。すでにGoogle Mapsに組み込まれている。

Photostream— Flickrの写真ブラウザー

Pocket Seismograph— いま地震あった? これからは自分で調べられる。

Quicklist— TO-DOリスト。ひとつ持っているべき。

Radar— レーダー風画面に居場所が表示される。いいけどさ。

Ringroid— ミュージックライブラリの曲から自由に着メロを作る。お気に入り。

ShopSavvy— これもステージに登場。カメラをバーコードリーダーにして、買い物しながら価格を比較する。

Text-to-Speech Library— 名前のとおり、テキストを音声に変えてスピーカーから鳴らす。

Video Player— これも電話機に付いてくるべきものだと思う。

Translate— Google Translateを使って外国語を翻訳する。

以下は、Androidプラットホームとアプリケーションに関するこれまでの記事。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)