アナリスト「オンライン地図はGoogle Mapsの一人勝ち」

次の記事

MTVがVisible Measuresの動画解析導入に合意

Google Maps

Webサービスを専門にカバーする業界アナリスト「Cowen & Co.」が今日(米国時間9/29)オンライン地図ソリューションの成功に関し、発見点をまとめた報告書を公開した。

今さら驚く人もいないと思うが、地図の分野ではGoogle Mapsがデファクトの首位独走で、ライバルのYahoo Maps、MapQuest、Live Search Mapsはグーグルに大差をつけられている。グーグル成功の要因はアナリストによると、そのペースについていけるだけのものを競合他社が持っていないという、たったそれだけのことにほぼ尽きるという。

「最初の調査を行った2007年7月以降、AOLのMapQuestもYahoo Mapsも技術革新が停滞しています」。それに改善を図ってきたマイクロソフトのLive Search Mapsはトップ4のサービスでは最も人気がないのだと、Cowen and Co.は言う。「YahooもMapQuestもペースに追いついていけるだけのリソースがないんです。そして地図セグメントでは縮小する一方のフランチャイズからアグレッシブな収益化を余儀なくされている」

グーグルのストリートビュー、公共交通機関サービスを成功の主な要因として挙げ、このまま同社が絶えず地図ソリューション改善に投資を続けていけば、この先さらにライバルとの差は開く、とアナリストたちは指摘している。

[原文へ]

(翻訳:satomi)