StumbledUponがツールバーとパートナー機能で復調を目指す

次の記事

BabySpotLatino.com: ラテンアメリカの赤ちゃん向けソーシャルネットワークは金融市場崩壊でも問題なし

推薦エンジンStumbleUponがこのところ困難に直面している。今月初めにTechCrunchは、eBayがこのスタートアップを買収から1年半も立たないのに売ろうとしていると報じた。たしかにトラフィックは停滞していた(登録ユーザ数は上向きだったが)。しかし今夜(米国時間9/30)このサイトは、事態を好転させるかもしれない新機能の提供を開始した。待望の、インストール不要のツールバーだ。

StumbledUponの足をずっと引っ張ってきたのは、ユーザがブラウザ用のプラグインをダウンロードしてインストールしなければならない点だ。そういうプラグインはダウンロードとインストールに時間がかかるし、マルウェアを疑われるので、消費者の食いつきが悪い(私も友人たちに、どんなサービスであれ、プラグインは絶対にインストールするなと忠告している)。それにまた、StumbledUponが何をするサイトなのか最初はよく分からないという点も、やはり足かせになっている。それが分かるためには、実際に使ってみなくてはならない(使うためには自分の好きなもの、関心対象などをStumbledUponのアルゴリズムに対して入力してやる必要がある…そうしてやっと、ユーザの好みに合ったWebサイトへ連れていってくれる)。

今夜ロンチするツールバーにより、StumbledUponの機能の多くをインストール不要で使えるようになる。ツールバーにアクセスするためには、まずStumbledUponの新装のホームページに行き、推薦リンクのどれかをクリックする〔これから登録する新規ユーザはメールアドレスと適当なユーザIDを入力する〕。するとツールバーがブラウザのウィンドウの上のほうに専用のフレームで配置される。今訪問しているサイトの推薦度を表す星印のとなりに、よく目立つ”Stumble”ボタンがある。そのサービスは、クッキーを使ってユーザの複数のセッションにおけるアクションを記憶する(そのデータをツールバーから見るという設定も可能)。

今夜の発表に合わせて、StumbledUponはこのツールバーを利用するサイトのためのパートナープログラムを紹介している。すでにThe Huffington PostHowStuffWorksには、記事の横にユーザがStumbledUponのツールバーを使うためのウィジェットがある。それは、それらのサイト専用のツールバー、つまり、Huffington Postで立ち上げたツールバーはHuffington Postの記事へユーザを連れていく。このプログラムは、パートナーのサイトの訪問者を増やすわけだから、成功するかもしれない。しかもそれは同時に、StumbledUponのユーザ層も拡大する。

しかし問題はまだある。新規ユーザにとっては、ツールバーの目的や使い方がすぐには分からない。とくにHuffington Postのようなパートナーサイトから来たユーザには、より分かりにくいだろう。しかしとにかく、プラグインをダウンロード〜インストールする負担がなくなったのだから、StumbledUponが今後数か月以内に停滞を脱し再び成長路線に乗ったとしても、不思議ではない。

[原文へ]
(翻訳:hiwa)