アップル、リリース後のiPhoneソフトについてはNDAを撤廃

次の記事

マイクロソフトで検索するとポイントが貯まる「SearchPerks」キャンペーン

iPhone 3G

アップルが本日(米国時間10/1)、非難轟々のiPhoneデベロッパー守秘義務契約(NDA)撤廃を決めたことを明らかにした。「デベロッパー、ライター、そのほかiPhoneの成功を応援したいと考えている人たちに過剰な負担を生んでしまった」ことが、その理由だ。

同社が今日発表した声明によると、「iPhone OSにはアップルの発明技術や新案が多数盛り込まれている。NDAを適用したのは、これを保護し、当社の仕事が他者に盗まれないようにしたいと考えたからだ」という。が、世論からの激しい抗議を受け、それを押してまで適用する価値のないものと判断した。

デベロッパーには来週中にはリリース後のソフトウェアをカバーするNDA抜きの新契約が届くだろう、と同社では話している。ただし非公開のソフトウェア・機能については、リリースまで従来通りNDAの網がかかると念押しした。

[原文へ]

(翻訳:satomi)