Searchperks

マイクロソフトで検索するとポイントが貯まる「SearchPerks」キャンペーン

次の記事

病院予約サービスのZocDoc、Bezos、BenioffらからシリーズAで$3M調達

Searchperks

Live Searchで検索してもらうためなら手段を厭わないマイクロソフトが、お金を払ってサービス利用の拡大を図る作戦をまた仕掛ける。

この最新キャンペーンは「SearchPerks」という名前。ユーザーはLive Searchを使うとポイントが貯まり、後で景品に交換できる。ポイント確保には12月31日(米国時間)の締め切り日までにサインアップし(閲覧はIE限定)、利用状況を追跡する小さなプログラムのダウンロードに同意しなくてはならない。インストールするとLive Searchで検索するたびに“チケット”がもらえる。チケット獲得の上限は1日25件まで。4月のプログラム終了時にユーザーはチケットを景品に交換できる。慈善活動したい気分なら景品はチャリティーに寄附してもOKだ。

SearchPerksはマイクロソフトが前に発表したLive Search Cashback(キャッシュ還元)プログラムとでは検索利用確保のアプローチが全然違う。前のCashbackは同社の取り組みの重点をクリック単価モデルからアクション単価モデルに移行し、広告主からユーザーにお金の一部を届ける試みだった。

マイクロソフトはCashbackプログラムで市場シェアを拡大できるものと成果に期待を寄せていたし、SearchPerksにも表面上は同じ期待を寄せている。が、最近の証拠を見ても分かるようにCashbackキャンペーンはダンクシュート並みの成功とはいかなかったようだ。マイクロソフトも検索エンジン市場におけるグーグルの伸長には歯止めをかけられない状態が続いている

SearchPerksでは違った結果が出るんだろうか? まだ決め付けるのは早い。が、使おうかなあ…と考えてる相手に向かって、うちの検索エンジンを使って使ってと頭を下げてお願いしても、背中を押すシグナルにはならないと思う。

[原文へ]

(翻訳:satomi)