simplybox

SimplyBox:リサーチ目的や共有でも使えるドラッグ&ドロップのウェブクリッピングツール

次の記事

Geode:Mozilla Labsの新ジオタグプロジェクト

ウェブのブックマークという考え方は徹底的に考え直す必要があるだろう。もちろん日々訪問する10ないし20程度のサイトにジャンプするのに便利ではある。しかしリサーチに使おうなどと考えると、途端に手に負えなくなってしまう。ジョブリストやCraigslistのアパート空室状況をブックマークしたフォルダなどは、なぜブックマークをしたのか確認するためにブックマーク先に飛んでみないとわからないような状況になってしまい、実用に耐えないものとなってしまう。

本日(米国時間10/6)サービスを立ち上げるSimplyBoxは、サンフランシスコのスタートアップ企業で、ウェブサイトの一部を見たままの状態で切り出して保存しておくことができる。これで従来のブックマークに欠けていた機能の一部をカバーすることができる。SimplyBoxは現在Internet ExplorerおよびFirefoxのプラグインで提供されており、Safari版は開発中。太平洋標準時刻の午後6時より利用することができる(現在公開中)。

SimplyBoxを使うには、まずブラウザのツールバーにあるBox and Saveボタンをクリックする。するとマウスカーソルが矢印から選択用カーソルに変わり、画面下部にbox(箱)が表示される。そして保存しておきたい部分を反転させて、それを保存先として適当なboxにドラッグする。使い方はいたって簡単で、作業には数秒しかかからない。

ツールバーにあるSimplyBoxのロゴをクリックするとプロフィールページが表示され、自分用のboxを表示したり、またソートしたりすることができる。切り取って保存しておいたものは内容がわかる大きさで表示され、デスクトップ表示(好きな場所にドラッグできる)、リスト表示、グリッド表示を選択することができる。また保存したそれぞれにコメントを付けておくこともできる。

実際に使ってみても、このプラグインはうまくできているように思える。とくにいくつものサイトを見てリサーチしているときなどに便利だ。例えば家の購入を考えている場合にも、興味を持った物件を保存しておくのに便利だ。写真やサマリーを保存しておいて後に検討する際に使うことができる。また、boxは友達同士で共有することもでき、何らかの作業を協同で行うこともできる。ツールバーにはbox and sendも表示され、これは切り取ったものを画像形式で電子メールにて送ることができる。

SimplyBoxの最大の欠点は保存形式が単純な画像形式であることだ。元のサイトで設定されていた機能を再現することはできない。たとえばYouTubeの動画部分を保存しておいたとしても、これは画像として表示されるだけで、動画を見るには元のサイトに行かなければならない。但しそうは言っても、従来のブックマークに比べて大きな進歩であることに違いはない。

一部を切り抜いて保存しておくツールにはSazellDiigoなどがあり、部分的な機能ではあるがSafariのWebclipも、ここに含めることができるだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)