Deliciousのファウンダーがニュースサイトの政治的立場を調べるツールをリリース

次の記事

ローマは炎上―キプロスは踊る

Deliciousのファウンダーで元Yahoo幹部のJoshua Schachterは6月にYahooを去ってから何をしていたのだろう? 彼がかかわったプロジェクトの少なくとも一つは、ブログやニュースメディアの政治的偏向度合いを教えてくれるツールだ。これはGreaseMonkeyのスクリプトで、ニュースのアグレゲーター・サービス、Memeorandum上で作動する。

政治サイトは特定の立場に大いに肩入れしているのが普通だ。しかし初めての訪問者には、そのサイトの政治的立場がすぐには分からないことがある。この新しいスクリプトは、Firefoxのプラグインとしても発表されているが、サイトのリンクの分析して、その政治的傾向を青(ヘタレなリベラル系)と赤(戦争好きの右翼系)に分類して表示する。

Shacterと共にこのプロジェクトに関わってきたAndy Baioは次のように説明する。

赤青の色分けは必ずしもブロガー個人の傾向や主義を表すものではない。われわれはそのページのリンクの傾向を分析している。このアルゴリズムはブロガーのリンク履歴を記録して、他のブロガーのリンク傾向と比較してグループ分けを行う。ブロガーが主として保守的立場の人々が興味を持つようなサイトへのリンクを張っているとすれば、そのブロガーが個人的に中道あるいはリベラルであったとしても、ページのリンクは鮮やかな赤色で表示される。逆も真だ。アルゴリズムは心の中まで読み取ることはできない。自分の見解と異なる色を塗られたといって怒り出さないでいただきたい。データを機械的に処理した結果なのだ。

MicrosoftもBlewsという似たようなサービスを展開している。ただし利用しているテクノロジーは異なる。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)