今の時点で利益の最大化とは生き残るチャンスの最大化だ

次の記事

[CG]アップルの次の目玉はネットワーク高品位テレビ?

この数日ベンチャーキャピタリストに非難が向けられている。ベンチャーキャピタリストが投資先の会社に「景気の急降下の一歩でも先を行け、キャッシュを節約しろ」と忠告し、投資先がその忠告に従い始めているのが非難されているのだ。

こういう非難をしている人間は、先週で世界の様相が一変し、企業は新しい環境に適応しなければならなくなったことを理解していない。だからこういう連中は「ベンチャーキャピタリストはなぜもっと以前から支出を抑えると言わなかったのか」などと言う。「今度のバブルはベンチャーキャピタリストのせいで起きたのにキャッシュを節約しろとはおこがましい」などと言い出す輩さえいる。

Fred Wilsonは今日、この点について記事を書き、ベンチャーキャピタリストは投資先にその時点で最良のアドバイスをする義務があるとして次のように述べている。 「われわれには責任ある態度で行動することが求められており、当面、今日一日を生き延びることがもっとも重要なのだ」。

彼はまだ正面からものを言っていない。しかし私は言うつもりだ。われわれはこれまでどのようにして利益を最大化するかを考えてきた。すべての営利企業はこれを考えずには存立できない。順調な環境では、これはどのようにして成長を図るかということに帰着する。しかし逆境では、生き延びるチャンスを最大化することが最重要の課題になる。

不合理きわまる議論その1―ベンチャーキャピタリストが今回の危機を招いた

まず第一に、今回の危機の原因にはベンチャーキャピタリストは一切関係ない。(それを言うなら、今回はシリコンバレーも関係ない)。VCの仕事は一つだけだ。出資者から預かった資金を、合法的である限り、もっとも高い配当を生むように投資することだ。好景気のときには、投資先の候補は多く、競争も激しくなる。VCはそれぞれが独自にもっとも適当と判断した投資先を選ぶことになる。好況時には、給料、オフィス賃貸料、広告料、その他すべてのコストが高騰するから、企業側としてもより多額の資金を調達する必要がでてくる。こうしてVCがよい投資と考えて実施した企業への投資を、無責任だとか邪悪だとか非難するのは、こうしたシステムをまったく理解していない人間の言いぐさだ。

こう言い換えてみてもいい―もしVCが無責任という非難を恐れて超保守的な投資を行っていたとしたら、最初の投資先が失敗だったと判明したとたんに店を畳まねばならなかったはずだ。

不合理きわまる議論その2―ベンチャーキャピタリストは金を節約しろとずっと前から忠告しているべきだった

これも、人間は環境の変化に対応して生き方を変えねばならない、という事実を無視した意見だ。いかなる場合でも企業は利益の最大化を図る義務がある。つまり収入の最大化を図り、コストの最小化を図るわけだ。しかし、これら2つの目標は同じことを意味しない。企業は将来の収入を拡大するために研究・開発に多額の支出をすべきときがある。この目的のためにどれほどの額を支出するかは、財務体質、経営状況、景気動向、新製品に対する需要予測などを総合して企業が決定すべきものだ。

景気が良く、中核事業が順調に運営されているときには、新規採用を拡大し、新製品を開発するのが理にかなっている。あるいは広告とマーケティングにも資金を投ずるべきかもしれない。

しかし景気が悪化してきた場合、企業は戦略を転換しなければならない。目的が利益の最大化であることには変りない。しかし、市場からの資金調達が困難になるのに対応しなければならない(まだ利益を出していないスタートアップの場合、ことに重要)。また市場で広告その他への支出が切り詰められるのに従って、収入が減少する可能性にも対処しなければならない。

ちょうど(想像だが)、森の熊が冬になって食べ物が少なくなれば、活動レベルを低下させる必要があるのと同じだ。マーケットの活動が低下すれば、スタートアップは生き残りのチャンスを最大にするために、支出抑制モードに入らねばならない。売り上げが低下することを予想しなければならず、外部からの資金調達もままならないとなれば、生き延びるためには支出抑制以外にないわけだ。

しかし逆に、一部の人間が主張するように、いついかなるときにも支出を最小限にしろと企業に要求するのは、今は春なのにいつか冬が来るからといって冬のように行動しろと熊に要求するようなものだ。それでは熊は死んでしまう。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)